ワキガの人は脱毛したほうがいい

ワキガとは普通よりもニオイのキツイ汗をかく症状のことですが、実際にワキガで悩んでいる方は少なくありません。男性にも女性にも起こりえる症状で、自分で気付いている場合と気付いていない場合があるのです。ワキガ 対策 について書かれている「わきがレスキュー」さんのサイトでも詳しく紹介されているので参考にしてみても良いかも知れません。
誰でもワキには汗をかくものですが、ワキガのニオイは普通の汗とは違います。強いニオイを発している原因はワキの下に存在するアポクリン汗腺です。汗腺には他にもエクリン汗腺と呼ばれるものもありますが、ここから出る汗はニオイを発することはありません。
しかし、アポクリン汗腺はニオイの元となっており、たんぱく質等の成分が含まれているため菌が繁殖しやすいという特徴があります。
アポクリン汗腺の数が多いとワキガになるわけですが、遺伝によって起こっているため何もせずに解消することはできないのです。
強いニオイを発していることは分かっているので、周囲に迷惑をかけないためにも自分でできる対策は実施した方がいいですね。効果的な方法はワキの下を清潔にすることです。ワキには毛が生えているので、脱毛するだけでも菌の繁殖を軽減させることができます。ムダ毛を脱毛しておけば汗が付着する物がなくなるため、衣類が直接吸収してくれます。汗をかいたらいつでも衣類を替えられるように、数枚の着替えを持ち歩くようにしましょう。大量の汗をかく暑いシーズンはもちろんですが、作業を行う時等も着替えがあると便利です。
自分で脱毛する時は、カミソリや毛抜きの他にワックスやクリーム等も利用できます。