ワキガに効果的な石鹸

ワキガ対策の基本は清潔な状態を維持する事です。臭いを発生させる菌への対策を行う事が大切ですので、その為にも普段のボディケアが重要ですし、石鹸選びからきちんと行う必要があります。
選び方のポイントですが、まず弱酸性の物がおすすめと言えます。
肌には常在菌として、善玉菌と悪玉菌が存在していますが、ワキガが強い時には悪玉菌が原因になっているのです。つまり臭いが強い時は悪玉菌が優位な状態になっていると言えますが、善玉菌を優位にさせる事によって臭いが出難くなる事があります。
そこで活躍するのが弱酸性の石鹸です。弱酸性状態へと改善する事によって、悪玉菌の増殖や侵入を抑える事ができますし、殺菌効果にも期待する事ができるのです。
ワキガには柿渋が配合されている石鹸も良いとされています。柿渋はワキガをはじめ、加齢臭などにも効果があるとされていますが、その理由として柿渋にはカキタンニンという成分が含まれているからです。
カキタンニンは臭いの原因になっている酢酸やアンモニア成分を除去する効果が高いと言われていますので、それによってワキガの軽減に繋がるとされています。
また、カキタンニンには殺菌効果があるのも効果がある理由です。臭いを出している原因菌を殺菌する事ができますので、ワキガが気になる方に最適と言えます。
しっかりと臭いを予防する為には、単に洗えば良いのではなく、石鹸の性質や成分に着目しながら選ぶ事が大切です。