最新のワキガ治療法はコレ

わきの下の臭いと言うと、外国人には特有のものがあり、日本人は耐えられないものがありましたが、最近は日本人も生活習慣や食の欧米化で、わきの臭いが気になる人が増えています。
ワキガは汗と菌の関係で生まれるものですので、この点に注意すれはいいのです。しかし、特に若い内は汗をかく機会は多いのですが、これを止めてしまうと、若者として成長していく身体や心に支障をきたすことになるので、汗をかかない努力ではなく、かいた後の手入れをきちんとするのがいいのです。
でも、どうしてもワキガになって直らない場合は専門の治療法に頼ることになりますが、医者に相談して行うのが賢明です。
最近は、外科手術として皮膚を切開し、汗腺を剪徐する方法があります。医者の目視による手術ですまた、特殊なシェービング法でアポクリン汗腺を取り除く方法もあります。マイクロウェーブを使ってワキガの素となるアポクリン腺やエクリン腺を破壊する、しかし傷跡が残らない方法もあります。ボトックス注射で、前述の二つの汗腺の過剰な働きを抑制するという治療法もあります。繰り返しになりますが、これらはそれなりに効果がりますが、医者と相談することを前提にしなくてはなりません。
しかし、その前の段階では、自分でできる努力は怠らないで、継続することがまずお奨めです。汗と菌がドッキングすることが最大原因ですから、これを意識することで、汗をかいたら、そのまま放置しないで着替える、こまめにシャワーを浴びる、特にわきの下は丁寧に洗うなどで、そして夏は下着の予備も忘れないことなどです。