ワキガと睡眠時間に関連性はあるの?

ワキガは元々の体質が原因となって起こりますが、症状を悪化させるのも軽減させるのも生活習慣にかかっていると言えます。不規則な生活習慣を送っている方はワキガの症状が強く現れる可能性が高いので注意が必要です。
生活習慣と一口に言っても色々な原因が考えられますが、初めに気を付けたいのが睡眠に関することです。睡眠時間が短いと様々な悪影響が出ますが、ホルモンバランスも乱れがちになります。汗の量が増えるため、ニオイの元となるアポクリン線からの発汗も促されます。これがワキガの症状を強くして大きな悩みとなることもあるので、速やかに改善しましょう。
現代人は何かと忙しく過ごしているため、夜間の睡眠時間を削ってしまうという方が多いでしょう。この状態では気になるワキガを改善することもできないので、七時間程度の睡眠はとるように心掛けましょう。
ただ睡眠時間が短かった方が急激に増やそうとしても体がついていかない可能性もあります。この場合は無理に眠ろうとしても眠れませんから、睡眠がとりやすい環境を整えることを意識するといいですね。好きな音楽を聴いたり読書をするといった方法も効果的ですし、眠りに誘うアロマの香りを焚くという方法もあります。ラベンダーの香りは寝つきが悪い時に使われるので、優しい香りのアロマポットをベッドルームに置いてみましょう。
入眠の前にお風呂に入ったり食事をしてしまうと、なかなか寝付けなくなります。入眠の時間から逆算して三時間前までに食事を済ませることがポイントです。