ワキガは遺伝するの?

ワキガは体質であり、親から子へ遺伝するといわれています。ワキガの原因になっているのはニオイの元となる汗を分泌するアポクリン腺です。アポクリン腺は誰にでもあるものですが、量や大きさには個人差があり、多ければ多いほどニオイが強くなるといわれています。

このアポクリン腺の量や大きさは、遺伝によって決まる部分が大きいとされています。また、その発達量は優性遺伝しやすいため、両方の親がワキガ体質である場合、子供が同じ体質になる確率は80パーセントといわれています。

アポクリン腺は体の成長にともない発達していきますが、特に第二次性成長期にその数を増加させます。ちょうど思春期に入る頃であり、ニオイが気になり始める時期でもあります。
第二次性成長期より前でも、アポクリン腺がどの程度多いかを知るには、耳垢の状態を確認すると良いでしょう。
アポクリン腺は腋だけでなく、耳の中にも存在しています。耳垢が乾燥している人はアポクリン腺が少なく、逆に湿っている人はアポクリン腺が多いワキガ体質である可能性が高いといえます。
また、食生活の欧米化によって、アポクリン腺の発達が早くなっているともいわれており、第二次性成長期前にワキガになってしまう場合もあります。

アポクリン腺は自然に減少するということはないため、ワキガが気になりだしたらデオドラント製品などでのケアが必要になります。汗の量を抑えたり、ニオイの原因である細菌を減らすことで、嫌なニオイを減らすことが可能です。腋の下を清潔に保ち、こまめに着替えをすることで、対策をしましょう。